noripi

私は人のお話を聞くのが好きです。
それぞれの人の生き様、考え、どれもが素晴らしい。
看護婦時代、老若男女問わず話をきいてきました。
保育士時代は若いパパ・ママの子育て奮闘記に、
かわいい子どもたちのつぶやきもひろってきました。
・・・年令問わず、誰もがキラキラ輝く瞬間はとっても眩しいものです。
そう、誰もがそのひとらしい光をもっているんです。
私はその光に出会えた時、とってもしあわせです。
そしてその人たちも笑顔に包まれます。
そんなあなただけの光を一緒にみつけるお手伝いをしたいです。
       まな

記事一覧(56)

祝福の日常の島、仙酔島イベントに行ってきます。

 こんにちは、まなゆいインストラクターの  のりPです。朝晩はひんやり、そろそろ暖房のお世話になりだしていますね。お天気が続き、我が家からは彼方に御嶽山が望める日もあるようになりました。それは冬に近づいているサインなんです。もうすぐ2018年終わりの月。その前にまなゆいではお祭りがあります。まなゆい祭り 2018年秋 「祝福の島」へようこそ、仙酔島へ。そうです。本日から一泊2日でのイベントなんです。 これは昨年からはじまっているです。今年は名古屋から車🚗で向かい中。家族でまなゆいイベントに参加するのも恒例のになってきました。さて、今年はどんな気づきや学びがあるのかな?今回のテーマは祝福の日常。毎日が祝福で繰り広げられる日々はどんな感じなのかなぁ?みんなニコニコ笑顔で何を見ても聞いても心踊ってたのしい。出会う人全てが新鮮で出会えるだけで嬉しい。本当の日常がそうであったらなんて素晴らしいんでしょう。今回の仙酔島はパワースポットで、いろんな素敵な場所がいっぱい。島なので当然海も見れるしアーシングもできる。仙人もいるという話もあります。ETのようにそれこそ宇宙と交信できるかも。とにかく楽しんできまーす。報告はまた追って。

まなゆいベーシック講座で、あなただけの人生ストーリーを塗り替えてみましょう。

まなゆいベーシック講座とは、 まなゆいというヒーリングメソッド&自己実現のメソッドの

やり方を実習で学ぶ講座です。 主に基本となる2人でするまなゆいのやり方を学びます。

このほか、まなゆいは、1人でする方法、グループでする方法もあります。
 なので、個人の癒やしから会社などの会議や

そのうち学校の授業でも使っていける、とても可塑性のある未来型のツールです。 また、唱えるフレーズははじめは基本形で体になじませていきますが、

日常使いしていくうちにどんどんあなただけの使い方ができ、
 どんな場面でもあなたを応援し祝福し信頼し感謝し愛してくれる、

とっても頼もしいツールです。
 以下はまなゆいとはざっとどんなものか、以前描いた記事より抜粋です。 ✿・・・・・✿・・・・・✿・・・・・✿・・・・・✿・・・・・✿
 あなたは自分のこころの声を大切にしていますか?
 どんなマイナス感情も未来に続く大切なヒント。 まなゆいでは、その心の動きに注目し、
 そこから、あなたにしかできない、

本当のやりたいことへ向かって生きていくためのお手伝いをしていきます。
 では、”まなゆい”ってなに?と思われた方も多いでしょう。
 ひとことで言えば

小玉泰子氏が考案したコトダマ(言霊)を使ったメソッドのこと。
 "まなゆい”の「まな」は「愛」。

「ゆい」は「結」。一緒に助け合うこと。 要するに"まなゆい"とは「愛とつながる」という意味なのです。
 やりかたはとっても簡単!
 ちょっとひらめいたモヤモヤした気持ちや

これやりたいな~って憧れの気持ちに 4つのコトダマをつけ加えてブツブツ唱えるだけです。
 その4つのコトダマとは?
 受けいれ
認め
ゆるし
愛しています。 

急募女性一名限定!7月16&17日宿泊、祇園祭で厄除けまなゆい!

この間の豪雨で被害に合われた方々が1日でも早く
通常の生活に戻れますこを心よりお祈りいたします。まなゆいインストラクターののりPです。 まなゆい宣言しますね。 私たちはこの地球で起きるすべてのことから学びとり受け取っていける
そういう私たちであることを受けいれみとめ許し愛しています。
私たちはこられのことをお互いのつながりあいで乗り越えていく、 そういう私たちの姿が見えています。
そのように祝福されている存在であることを知っています。

こんなときこそ、楽しい企画を!  京都の夏の風物詩である祇園祭。 巨大な鉾が大通りを練り歩く山鉾巡行は 豪華絢爛で世界的に有名です。 一方、 宵々山・宵山の夜に歩く小さな路地は 昼間とはまるで別世界。
どこからともなく聞こえてくるお囃子の音  客引きの子どもたちの可愛い歌声・・・.。  まるで子どもの頃に行った縁日のようで 訪れた人をほっこり懐かしい気持ちに させてくれます。 豪華絢爛の中にある、日本ならではの懐かしさ。 そんな祇園祭を体感できる1泊2日 いかがですか? それも、暑いお外で巡行見るんではないのです。 涼しいお部屋の中から、テレビをみて、
お弁当も食べながら見るのです。こんなことありえないでしょ。 なんて贅沢! けどね、
見る場所は内緒!まなゆい大好きさんだけにそっとね。 さらに祇園祭まなゆいでスッキリ厄除け!!(どこかでまなゆいタイムとります) ここで、祇園祭について!祇園祭の起源は平安時代。疫病の大流行を受け、
八坂神社の神スサノオノミコトに無病息災を祈願したことが始まりです。このことから、
祇園祭は厄除けのお祭といえます。



今回は初企画で後お一人様限定!ただし女性に限ります。食事も今回のみ案内します。 京都在住グルメの友人からおしえてもらったお店に行けるよ! (お祭りで京料理店は通常営業してないそうで、  京料理ではないですが…、美味しいと評判!) 来年は今年のご意見を聞き企画を練り直します。 今年限り、

ぜひ、勇気を持った一歩を! 求む、まなゆい大好きさん!
 ぴーんと来た方はお問い合わせください。詳細はその方に。 お問い合わせ、お申込みはのりPの個人FBメッセージより。 お友だちでないかたは、お友達申請時に、その旨をお知らせくださいね。何でも聴いてくださいな。 お会いできますことをこころよりお待ちしています。