まなゆいとは


「受けいれ、みとめ、ゆるし、愛しています」というフレーズを唱えることからはじまる。


ふと思い浮かんだことばにまなゆいのフレーズをくっつけて唱えていきます。

例えば、私は掃除ができないなと思った私を うけいれみとめゆるし愛しています。掃除うまくないもんなーと思った私を受けいれみとめゆるし愛しています。すぐ散らかっちゃうんだよなと思った私を・・・。でもさ、人が来るときは2,3日きれいにできるんだよなと思った私を・・・。そうか、一週間に一度人を呼んだらいいなと思った私を 受けいれみとめゆるし愛しています。いい感じ!

上の例では、マイナスの思いがまなゆいフレーズにあてはめて唱えているだけで変化していっていることがおわかりでしょうか?人が来るとき2,3日は、きれいにお部屋を保てている事に気がついたんです。だったらそれをうまく利用しちゃえって発想です。おなじお掃除についてまなゆいしたとしても、結論は10人10色。腑に落ちる答えは、自分にしかわかりません


すべての答えはあなたの中にある。


あなた自身の変化で家族や周りも変る。

まなゆいを日常に使い込んでいけば、どんなかたでも、変わることができます。

何故変われるか?それは、まなゆいがあなたを全肯定してくれるメソッドだからです。

ありのままのあなた、何を思っているあなたでも、受けいれみとめゆるし愛してくれる、そんな人に出会えます。

このメソッドで10年来のうつ病を克服しつつある方もいます。いじめのトラウマを乗り越えたかたもいます。

今、のりPは、真剣に人は愛の力によって病気さえも克服できるのだと思っています。

その一つの方法として副作用も何もない《まなゆい》を体験してみて下さい。

実際に病気をのりこえるため

あなたが突然癌告知をうけたとしたら?実際にのりP家族におきました。自分のことではないけれど、聞いたときは数日涙がとまらず。けれど、そこからもまなゆいで気づきが起こり行動がかわる。ガン家族と接することは、のりPのエゴとの向き合いそのもでした。そして、最悪が最高の結果となりました。

また、治療に対する当人のモヤモヤは魂からの叫び声。蓋をしないでちゃんと向き合って下さい。そして不安はつつみかくさずお医者さまに伝える。本人が無理なら家族がその役割を担いましょう。そのときの対応で、治療をまかせ、ともに病気と向き合える先生なのかわかります。納得いかねばセカンドオピニオンへ。こういった一つひとつの迷い・不安や恐れにまなゆいで答えをだします。1人で向うにはあまりに辛すぎる。なので、まなゆいの基本スタイル、2人でするまなゆいがここで威力を発揮するはずです。まなゆいはいつもあなたの心の声を応援します。あなたは決して1人ではないのだから。

 ガンのご当人もしくはそのご家族で、ご自分で今後の人生を選び取っていきたい方へ。

まなゆいで病をのりこえるプログラムを考えています。まずはご相談下さい。

費用や詳しい内容については個別性がありますのでその都度ご案内させていただきます。