今日はカメラの日、にちなんで徒然に🎵

ちゃんとしたカメラ、持ってる?
こんなテーマで記事を書くことは初めてです。何書こうかなぁ〜。
まなゆいインストラクターののりPです。
 カメラから連想して、ちゃんとしたカメラで撮る写真はやっぱり違いますよね。
写真いえば、父親のことを思い出してます。私の父親は大正生まれの人でしたがとても写真を撮るのが上手でした。
当時はピント合わせもシャッターを切る速度もみな手動が当たり前。
小さな私はその父親のカメラの被写体として登場していました。
たしか祖母と幼稚園児の私が映った写真が何か大きな賞をいただき、どこか展覧会のような場所に展示してあったことを覚えています。新聞に載ったこともありました。
素人ですが相当な腕前だったと思います。
 撮った写真のネガは自前の暗室で現像していました。その現像液と言う酸っぱい匂いの液体に浮かべた写真に画像が浮かび上がるさまが、子ども心に面白くって、いつも父親にぴったりくっついていた私。
暗室は暗くて怖いけれど、自分が魔法を使っているみたいに大人気分になっていました。
  
 今はいろいろな機能のついたカメラですね。次女ちゃんが動いている被写体を撮る事にハマっていて、ちゃんとした、良いカメラを📷友人に相談して手に入れました。そのカメラで撮る写真は、私の父親とは一味違うけれど、なかなかの感性だと親バカながら思います。
さすが父親の血筋をひいた孫です。
そのうち私もちゃんとしたカメラ片手に歩き回るかもな〜。
やっぱ私の被写体はありのままの自然かなぁ〜。
 そんなことをカメラの日にふと思いました。

和みたいむ〜まなゆいで自分のために歩もう〜

まなゆいインストラクターのりPのホームページ。 まなゆいを使いながら毎日楽しい日々をおくりましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000